脂肪抑制と弾力ある肌にアラプラス

歌手でエンターテイナーでもある郷ひろみさんがCM出演して話題になったアラプラスが最近まだ疲れや内臓脂肪の蓄積を抑制する効果がある事から見直されています。



アラ(ALA)は細胞小器官であるミトコンドリアで鉄などのミネラルと行動を共にする事でエネルギーの生産量を向上させられる効果が認められるなどALA単体と比べてより内臓脂肪効果が高い事が分かってきたのです。



アラプラスには内臓脂肪の蓄積を抑制するのと肌の保湿やハリ、弾力性を向上させる効果が認められて言います。


ALAを摂取すると2時間ぐらいかけて体温が上昇し、その結果基礎代謝が向上し脂肪蓄積が抑制されるものと考えられていますがALAを摂取しない人と比べても酸素消費量が1.4倍、体温の上昇率が1.3倍変化するのと実験結果もあるぐらいなのです。

そしてアラプラスによって代謝が上がった事は体温上昇だけではなくて健康面でも効果が期待され、特に脂質抑制効果については今後研究が重ねられていく事でしょう。そしてもう一つ忘れてはいけないのが肌への保湿や弾力向上効果です。



人間の皮膚は外側から角質層、表皮細胞、基底細胞という構造になっていますが肌に化粧品をつける場合、皮膚の表面から美容成分を取り込む際に障壁となるのが各層によるブロックです。
肌の表面に化粧品を塗ってもこのブロックを越えて真皮に達するのは実は困難です。
しかしALAには細胞小器官で細胞のエネルギー源であるATPが生成されその結果、しっとりとした細胞ができるのです。